バレエのくるみ割り人形って?

バレエのくるみ割り人形って?

バレエのくるみ割り人形って? バレエの「くるみ割り人形」は、チャイコフスキー作曲の音楽から編曲された、バレエ作品です。
クリスマスの夜、少女がもらったくるみ割り人形が王子様に変身して、少女を素敵なお菓子の国(またはおとぎの国)に連れて行ってくれるお話で、アメリカやヨーロッパでは、クリスマスシーズンにあちこちの劇場で上演されます。
日本でも、様々なバレエ団が公演に取り入れています。
現在上演されるのは、、様々な有名振付家の作品を含め、大きく分けて、第1幕の主役の少女と第2幕の主役の金平糖の精とが別のダンサーによるオリジナルにちかいバージョンと、同一ダンサーによるワイノーネン版と呼ばれるバージョンのものとがあります。
どちらのバージョンも、ピエロやお菓子の精など、多彩なキャラクターのが登場する華やかな舞台です。
「花のワルツ」や「葦笛の踊り」など、誰もが一度は耳にしたことがある有名な曲がたくさん使われているため、バレエを見るのが初めての人から詳しい方まで、誰もが楽しめる作品です。

バレエのシニヨンの作り方

バレエのシニヨンの作り方 バレエは、西ヨーロッパから発生した舞台舞踊になります。
バレエを行うときは体や表情を美しく見せるため、そして顔を小さく見せるためにシニヨンヘアで髪をまとめるのが基本となります。
基本的なシニヨンの作り方としては、まず頭頂部から後頭部にかけて頭皮マッサージするように髪流れをまっすぐにするために丁寧にブラッシングします。
スタイリングウォーターを使って髪の毛全体を湿らせ、1㎜程度の櫛目の櫛に持ち替えたら一定の方向にまとめます。
ヘアジェルをつけて頭皮に糊付けするように全体になじませます。
毛先にはつけずに頭皮と髪の毛をしっかりつけて、ゴムでポニーテールにします。
顎の先から耳の先を結ぶ斜めのラインがゴールデンポイントと言われています。
ポニーテール全体をヘアネットで包み込み、頭の形に沿いながらゴムの結び目を中心にトグロ状に巻いていきます。
その上からシニヨンネットを被せ、緩んでいる部分を入れながら頭皮に密着させるように潰して形を整えて上下左右にUピンで4箇所ほど留めます。
最後に固形ワックスでおくれ毛をまとめて完成です。

新着情報
(.*)!s', $str, $res)){ print $res[1]; } ?>