ダンススタジオとバレエ

バレエのウォームアップの仕方

バレエのウォームアップの仕方 バレエは激しい運動ではありませんが、綺麗な姿勢をとったりや無理な姿勢をとることもあるため、怪我をする可能性もあるためきちんとウォームアップをする必要があります。
バレエ教室では一般的にレッスンバーを利用してウォームアップを始めることが多いとされています。
仕方としては、レッスンバーを使って足を高く上げたり、太ももの裏や膝裏の筋肉などを伸ばしていきます。
自宅でもウォームアップのストレッチが行いたいという場合には、床に寝転がることで同じ効果のあるストレッチを行えます。
床に転がったら、頭から腰までのラインをまっすぐにして膝を伸ばした状態になります。
両手で足をサポートしながら、かかとを曲げて太ももの裏や膝裏の筋肉を伸ばしていくことで同じ効果を得ることができます。
また、バレエの基本的なポジションを行うこともストレッチになります。
しっかりウォームアップを行って筋肉を柔軟にしておくことで、怪我などを予防することにつながります。

バレエのクラシックバレエとは

バレエのクラシックバレエとは バレエとは、西ヨーロッパから発生した歌詞やセリフをともなわない舞台舞踊です。
バレエとひとことで言っても、種類はいくつかありそれぞれに特徴が異なります。
フランスから伝わってロシアで独自に発展したのが「クラシック」です。
クラシックの特徴は、ジャンプや回転などの技術面が重視されるということです。
物語の内容とは関係のないダンスシーンが取り入れられており、動きが複雑になっているのが特徴になります。
ロマンティックと呼ばれる幻想的な世界を舞台にした物語を踊りで表現したものに比べて、ダンスが多いため動きやすくするためにクラシックチュチュと呼ばれる丈の短いチュチュが考案されています。
二人で踊るグラン・パ・ド・ドゥなどの様式も成立させて、現代バレエの構成を完成したものとされています。
「眠れる森の美女」「白鳥の湖」「くるみ割り人形」誰もが聞いたことのある演目は、3代バレエと呼ばれておりこのクラシックのものとなります。

新着情報
(.*)!s', $str, $res)){ print $res[1]; } ?>