バレエ留学で習う基礎

バレエ留学で習う基礎

バレエ留学で習う基礎 海外のバレエ学校は、11歳頃から入学出来る学校、16歳頃から入学出来る学校、18歳から入学出来る学校など、様々な形態があります。
留学の期間も、1年以上にわたる長期のものから、講習会やワークショップだけを受けに行く短期のものまで様々です。
留学を希望する場合は、オーディションを受けることになります。
オーディションの方法は、DVD審査や写真審査など様々です。
バレエ学校によって、学べるカリキュラムは様々です。
11歳頃から入学出来る学校の場合、その学校の流派の動きを基礎から徹底的に学ぶこととなります。
いわば、日本でそれまで行ってきたことをすべて白紙に戻した上で、その学校で決められている流れに沿って基礎から学んでいくという形になります。
バレエだけでなく、コンテンポラリーやキャラクターダンスの授業などもあります。
将来的に、一人前のダンサーとして踊れるようになるために必要な能力を身に付けられるようになっています。
世界的なダンサーから直接指導を受けられるのも魅力の1つです。
カンパニーのレパートリーを学ぶこともできます。
また、年齢が上がれば、カンパニーの公演に出演することもできるようになり、プロのダンサーと同じ板に上がれます。

バレエ留学では何が学べる?

バレエ留学では何が学べる? バレエ留学で学べることはスキルやテクニックだけではありません。
名目上は、バレエを学ぶことが目的ですが、留学ということには変わりはありません。
学びに行く国の言語や、文化、教育、空気感を学ぶことができます。
また、普通の留学と異なり、短期間ではなく、専門学校を卒業するまで、その国の地で暮らすことになります。
ホームステイや寮が用意されていない場合も多いので、ほとんど知らない地で一人暮らしとなります。
そのため、人の力を借りず一人で暮らすことで普通のものよりも多くを学ぶことができます。
もちろんバレエのことも多く学べるのです。
日本以外のバレエで有名な国に行くことは、それだけ多く学んでいる人に出会えるということです。
有名な国になるほど、有名なトレーナーや強力な生徒が集まり、競争率も高くなります。
それらの人々の姿勢や競争するという空気感に触れて、学ぶことは多いでしょう。
スキルやテクニックだけではなく、本場の空気感や真剣に向かう姿勢も学ぶことができます。
このように、留学では、スキルやテクニックだけではなく、その地の言語や文化、その地にいる人や同じく学ぶ人の姿勢に触れ、多くのことを学ぶことができるでしょう。

ダンスを学ぶ:バレエからHIPHOPまで。

新着情報
(.*)!s', $str, $res)){ print $res[1]; } ?>